最速を生むリカバリー呼吸法

加速時の短い呼吸とリカバリーの為の深い呼吸を組み合わせることにより、リカバリーしながら持続的に速く走れないだろうか。これまでの検討でわかったこと。

・ゼロスタートだとMAXスピードまで持って行くのに8回程度の短呼吸が必要。スピード維持のためには、4回程度の短呼吸で充分。
・2回の深呼吸で失速はほとんどないが、4回深呼吸すると相当に失速してしまう。
・下り坂は深呼吸を繰り返して、リカバリーに専念して構わない。
・登り坂や平坦で、8回の短呼吸+2回の深呼吸できつ過ぎる場合は、深呼吸の割合を増やす必要がある。
・失速しないために、深呼吸の回数は増やさず、短呼吸の回数を減らすのがポイント。

これらを踏まえて、失速することなく最大限リカバリー出来るのが、4回短呼吸+2回深呼吸というサイクルになる。ややせわしない呼吸パターンになるが、実際に5kmアップダウンコースで試したところ、最近の体重増加にも係わらず、PBに近いタイムがいきなり出たので、かなりお勧め。

サロモン ソフトフラスク

投稿者:

猪男

丹沢に生息する猪男のブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA