ヒルクライム用サイコン設定

サイコンの表示項目は多くしても、走行中、頭が混乱するだけなので、着目する指標に限定しなければならない。で週末のHC大会に向けて、以下の設定をすることにした。普段走りでは5kmLAPにしているが、HC大会では1kmLAPにする。これにより距離を表示項目に入れなくても1km毎のラップで走行距離を把握できる、かつ、こまめに立て直しが出来るはず。
GARMINの表示項目は以下を4つ選択、上段:30秒パワー、ラップパワー、下段:スピード、タイム。
全体として、回転速度維持、スピード維持を心がけ、30秒パワーを上げながらラップパワー上げて行く(30秒パワーの落ち込みを避けながらラップパワー低下を防ぐ)イメージ。心拍、斜度、ケイデンスの表示は捨てる。興味はあるものの、走行中にそれを見たところで、大した対策は生まれないと判断。回せているかどうは身体で感じればよい。

投稿者:

猪男

丹沢に生息する猪男のブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA