リオ2016テニス卓球

男子テニス、錦織の対マレー戦。いつもなら入る1stサーブが入らないとか、決め球のダウンザラインやドロップショットが決まらなくなり、自分から崩れてしまった。ぎりぎりのコースを狙っているだけに、わずかな精度の狂いでアウトになってしまった。

女子卓球、団体の対ドイツ戦。カットマンはどんな球に対してもリターンしてくるだけに、これを崩すには果敢に連続攻撃を仕掛ける必要があったが、見事に成功した。ダブルスでは高くバウンドしたサーブを狙われ相手に強打されたシーンが目立った。

相手にチャンスを与えず、チャンスを逃さず攻撃を成功させること、勝利にはこれが必要であろう。

投稿者:

猪男

丹沢に生息する猪男のブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA